子育て日記

【子育て日記】育休生活で変わった食生活と、Sサイズのパンパースに完全移行して小サイズのオムツは全て弟夫婦&甥っ子に譲った話。

今日は丸一日雨模様でした。昼間の気温も10度を安定して超えてきて、最低気温もマイナスにはならないくらいになってきましたから、北国でもやっと春の暖かさが感じられる時期ですね。桜前線はこれからですけれど。

夫婦で育休生活していると朝昼夜3食しっかり食べるようになりました

働き詰めだった共働き夫婦が育休生活を始めて大きく変わったのが「3食しっかり時間通りに食べることが多くなる」ということです。

ガッツリ仕事しているときには私は朝昼はほぼ食べなかったので(嫁さんは朝昼ちゃんと食べていましたが)、夜夫婦揃って帰宅後の22時前後に2人で食べることが基本でした。体がこの食生活に慣れると何となく朝昼食べないほうが仕事も集中できるように感じるようになるんですよね。実際のところは不健康な生活だったのだろうなとも思いますけれど。

それが私自身もほぼ育休生活するようになって、今は朝昼夜全てしっかり食べますし夜も19〜20時台に食べることが殆どになりました。我が子の沐浴時間を18時半にしているので、沐浴後に夕食という流れですね。我が子が起きているときにはどちらかが抱っこしている必要があるので、夫婦揃って食卓についてということはできない場合もありますけれど、配膳して順番に抱っこしながら一緒に食事するような感覚です。

育休生活始める前に「『普通の生活』って想像できないなぁ」とたまに考えていたんですよ。「普通の生活」というのは、例えば18時とかに家にいてニュース番組とかを見て、19時頃に夕食を食べて、食後に風呂に入って早めに寝るみたいなこと。

三十代半ばの自分が子どもの頃を思い出すと学校から帰って17時とかでテレビだとアニメを見て、18時からはNHKの「天才てれびくん」、18時半からはそのままNHKで曜日によって海外ドラマとかを見てました。19時くらいに夕食で、食後に風呂入ってから、22時台はラジオを聞きながら宿題をして。「赤坂泰彦のミリオンナイツ」とかね。夜更かしする日には「オールナイトニッポン」。当時はCDもありましたがまだカセットテープが残っていた時代ですから、ラジオ番組をテープに録音していた記憶もあります。

思い出してみるとそれが子どもにとっては普通の時間感覚で、それは同時に大人も同じようなスケジュールで過ごしていたということなんですよね。もちろん今でも家庭によっては普通に定時帰りで家族揃って19時に夕飯ということも普通だったりするのでしょうけれど、子どもができる前の我が家の生活はこの「普通の生活リズム」からはかけ離れたものだったわけで。

20代はがむしゃらに働いて、30代にも入れば少し余裕もできるのかなと思いきや、30代って「仕事が面白くなる年代」でもあるんですよね。自分の裁量で色々なことができるようになりますし、仕事を通して自己肯定感が高まっていくような感覚も強くなります。そうすると毎日の朝イチから21時くらいの時間ってあっという間に過ぎていったりするものなんです。

うちの場合は結婚前も含めて一緒にいる期間が非常に長いのでお互い忙しくても円満ではあったものの、生活のリズムとしてはかなり崩れた毎日を送っていたということですね。それが育休生活をきっかけとして時間の使い方自体が大きく変化したと。

ただし意外と「テレビは見ない」ものだったりしますね。YouTubeやNetflixなどを流しっぱなしにしていることが多くて、あとは子ども向けのNHKの番組くらいしか殆ど見なくなりました。まぁここ十年以上は仕事で忙しくてテレビを見るタイミング自体が殆どありませんでしたから、習慣としてそうなっているということかもしれませんが。

オムツを『パンパース テープS(4〜8kg)はじめての肌へのいちばん』に完全移行

生後2ヶ月ちょいの我が子のオムツ事情、これまで新生児用サイズ(〜5kg用)の「パンパース」「ムーニー」「メリーズ」の3メーカーを併用していたのですが、最近買ったSサイズのパンパースに完全移行しました。

【子育て】新生児のオムツ事情。体重2600g程度の小さい我が子に使っているオムツ3種
【子育て】新生児のオムツ事情。体重2600g程度の小さい我が子に使っているオムツ3種小さめの赤ちゃん用のオムツについて。 https://jivecreative.net/pigeontouch/ うちの子は...
GRIII
【子育て日記】オムツのサイズをSにしてみたことと、初めてぬいぐるみに笑いかけた日今日は親子三人で軽くお出かけしつつ、私の実家に寄って甥っ子の様子も見てきました。田舎暮らしなのでドライブスルーがあるスタバに車で行くだけ...

『パンパース テープS(4〜8kg)はじめての肌へのいちばん』

    
  

パンパースはお知らせラインがかなり見やすいので3メーカーの中でも一番使っていて、Sサイズでも同じ「はじめての肌へのいちばん」を選びました。

我が子は体は小さめですが5kgを超えて、このSサイズを数日使ってみたところかなり良かったわけで。家にある在庫としては5kgまでの新生児サイズのものでしたから、Sサイズを使ってみてから戻してみると「やっぱり小さいな」とわかるんですよね。お腹周りは余裕はあるものの、我が子は太ももがしっかりしているので太もも周りが特にキツそうで。

Sサイズになると太もも周りも余裕が出ますし、お腹周りも新生児サイズよりもかなり伸縮するようになっているので調整も楽になりました。その一方でかなりの量が出ても横漏れは今の所ありません。Sサイズの基準が「4〜8kg」ですから、5kgを超えている段階では十分にフィットするということですね。

ということでSサイズに完全移行することに決めまして、新生児サイズの自宅在庫は今日全て弟夫婦に譲りました。甥っ子はまだ生後3週間程度なのでちょうどよかったなと。オムツならいくらあっても困らないですし。

まとめ

今日は午後に仕事の打ち合わせがありまして、久しぶりにまとまった時間の外出をしていました。ほぼ育休生活中ですがいくつか仕事を受け始めている状況です。また完全に仕事生活に入ってしまうと自宅にいる時間が減ってしまうので、うまく両立できるレベルで働き方の模索をしていく予定。仕事は仕事で相変わらず楽しいんですけれどね。乳児期の成長を見られるのは限られた機会ですから大切にしていきます。ではまた。

こちらの記事もおすすめ
Translate »