子育て日記

【子育て日記】離乳食第3週4日目。新食材として「白身魚」が登場。合計分量が多くなってきて食べきれないことも出てきました。

今日で離乳食も第3週の4日目。食べ方も少しずつ上手になってきているところですが、ここで初めて「白身魚」がメニューに入ります。

初めての「白身魚」はお気に召したようで。

離乳食メニューに「白身魚」が入るのは取り敢えず今日から4日間で、その後は3日間置いてからまたメニューに入れます。毎回小さじ1杯だけなので分量としても対して多くありませんから、大人用に刺し身・切り身を買ってきて一部だけを離乳食に使う感じですね。

「白身魚」の種類は「鯛」か「たら」ということでどちらも買いつつ、今日明日は「鯛」、その後2日間は「たら」を食べさせることにします。

「鯛」は刺し身で買ってきて、茹でてから細かくしっかりとすり潰します。ちなみに「食べやすいようにうまくすり潰すのが意外と難しい」という事前情報があって、作ってくれた嫁さんとしても「確かに慣れないと加減が難しい」とのこと。身が繊維状ですからね。

一応は冷凍OKとのことで2回分を作りましたが、量も少ないですし仕込みの作業量も比較的少ないので、1日2日であれば持ちますから都度都度作っても良いかもしれませんね。

あとはどうしても面倒であれば出来合いの離乳食商品でも良いのかな。少量かつ短期間しか使わないタイミングでは活用するのも手ですよね。最初に口にする体験としては刺し身・切り身から手をかけたものを食べさせてあげたい気がしますけれど。

ということで今日のメニュー全体としては「10倍粥」を小さじ5杯、「かぼちゃ」を小さじ2杯、そして「白身魚」を小さじ1杯です。

さて、初めての「白身魚」から実食。我が子は口に入れてすぐに「にやっ」と笑って、しばらくモグモグと味を確かめている様子でしたが、「んー、んー」と言いながらすぐに次のひと口を求める様子。どうやら美味しかったようで一安心。

まだ「美味しい」という言葉での表現はできないので親としては表情や声で判断するしかないのですけれど、「にやっ」と笑うことと「んー、んふふー」みたいな声を出すことに加えて、ベビーチェアの上で軽く飛び跳ねるような仕草をする時があるんですよね。なんかテンション上がってるなーという感じで。

これまでの食材と違って魚ならではの旨味がありますから、味の体験としては新鮮なものだったのではないかなと想像します。小さじ1口はすぐに食べ切りました。

最近、離乳食を全部食べきらずに泣き出すことが。

「白身魚」は無事食べきったのですけれど、今日はその他のメニューを全部は食べ切れなかったんですよね。

離乳食も第3週になってくると分量がかなり多めになってきてるので、その増加ペースに対して「こんなに食べられない」という感じなのかなぁと。またはミルクと同じでゲップが出ないと気持ち悪くて無くということもあるかもしれません。

こういう時には一旦抱っこしてゲップが出たらまた食べるかどうか試してみたりもするのですけれど、一度グズり始めると食べるのを再開させるのは結構難しい感じで。そのままの流れで食後のミルクを飲ませることがほとんどです。

ミルクを飲み始めると機嫌が良くなることがほとんどなので、ミルクは別腹なのか、食べる事自体の限界がまだあるのか。もしかしたら食べ続けているうちに口の中に残る感じが気持ち悪いというようなこともあるのかどうか。

ちなみに離乳食関連の本には目安となる分量も記載されていて、例えば今日の「10倍粥」であれば「小さじ3〜5杯」といった具合。小さじ3杯と5杯って赤ちゃんにとってはかなりの差があるんですよね。これは赤ちゃんによって食べられる量には差があるということで、無理のないように幅のある記載になっているようです。

我が家で離乳食を準備する時には目安分量の最大値で準備しているので、今日のように「食べきれない」という場合には無理して食べさせることはしません。一応、目安量の幅の中で最低分量をクリアできていればOKということで。

そもそも我が子はミルク量もどちらかというと少ない方なんですよね。あと1週間程で生後6ヶ月に入りますが、1日のミルク合計量は700ml前後。多くても800ml未満です。

1ヶ月半遅れで産まれた私の甥っ子が既に1日1,000ml以上飲んでいるらしく、それを聞くとかなり少食だなぁと感じるところです。まぁ私もミルク飲まない赤ちゃんだったらしいので似たのかもしれませんね。

いずれ食事の後半で泣き出すことがある原因については、今後もリアクションを良く見ながら判別していきたいなと。子どもって意外とちょっとしたことが嫌でたまらないという場合もあるんですよね。例えば「自分でスプーンを持ちたい」だけだったり。

まとめ

産まれて初めての「白身魚」もクリアできました。食べてから半日様子を見ていますが、湿疹なども大丈夫かなというところですね。明日以降も「白身魚」が続きますから念の為体調変化が無いかどうかについては注意しておきます。

それにしても連日午前中から30℃を軽々と超える気温なので、仮に湿疹が出たとしても軽いものであれば汗疹的なものなのかどうかの判断がしにくそうです。蕁麻疹レベルであればすぐわかりますが、育児していて一番気になってしまうのって「え、ちょっと湿疹出てる?」レベルのものだったりしますよね。

程度が軽ければ気にしすぎなくて良いということはわかっていても、月齢が若ければ若いほど(親も子育て新人なわけで)些細なことが気になってしょうがないという。見逃すよりは注意深い方がリスク回避にはつながるのでしょうけれど気を張りすぎても親が体調崩したりしますからバランス感覚を大切にしたいなと感じます。ではまた。

こちらの記事もおすすめ
Translate »