サイト運営

ブログを毎日更新する上でのスイッチ・モチベーション・コンディション。客観視としての写真選びとアイキャッチ制作。

ブログを毎日更新する上でのスイッチ・モチベーション・コンディション。

2018年に開設したこのブログでは毎日1記事以上の更新を続けています。記事のアイキャッチ(最初の画像)は基本的に私自身が撮影した過去の写真アーカイブからその日の気分や記事内容に合わせる形で選んでいて、トリミングだとかレタッチをした上で掲載しています。

レビュー記事などでバナーを作ることもたまにありますが、現状では写真+クレジットのみでの更新ということがほとんど。今の所、このやり方が結構自分に合っているなと思うのにはいくつか理由がありまして、簡単にまとめておきます。

毎日更新のリズムを作るのに写真選びから始めると気分が乗りやすい

ブログ自体をどのようなポジションで捉えるかということにもよりますけれど、最初のブログとして開設半年も経っていないので第一には「毎日1記事以上の更新」を続けていくという継続性が重要と考えています。

SEO的なことを考えると記事を多くすることよりも1記事の質を上げていくことの方が大切なので毎日更新自体が目的となってしまってはいけないという側面もありますが、スタートとしては少しでも多くの記事を書いてアクセス分析しながら知見を増やしていくことが大切。

そういう意味で「毎日更新が普通」という生活のリズム感のようなものを作っておきたいと思うのです。ブログって開設当初は書きたいこととかも色々あってさほど苦労しないかもしれませんが、必ずどこかで「最初のストックを書ききってしまった」というような壁に当たりますよね。

慣れてくれば素材・ネタ探しだとかは苦労しないものですけれど、自分のコンディションによっても辛い日は必ずあるものです。それでも何かしら更新しようという時に、私の場合は「アイキャッチの写真をまず適当に選ぼう」ということから始めると気持ちが切り替わって良いんですよ。

ルーチンを作る場合に自分なりに何かしらのルールを作っておくことって大切です。

昔バドミントン部だった時にはアップ後の試合前にラケットを回してガットを軽く掌に当てるみたいなことを決めていました。集中するためのリズムを自分の中で整える感じです。

吹奏楽部でクラリネットをしていた時には、楽器を吹いて温めながら最低音から最高音まで半音で上げ下げしたあとにグリッサンド(ラプソディ・イン・ブルーの冒頭にある音階を区切らずに滑るように音を上げていくやつですね)をかけて、その後に特定の音を吹くことで楽器の目を覚ますというかスイッチをオンにする感覚にしていました。

※管弦楽曲は演奏者や盤によって表現に差があるので自分のお気に入りの盤を見つけることも楽しいのですが、もしガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーを聴くなら下記音源がおすすめ。2018年には期間限定生産盤で千円程度で再販されていて安いです。ちなみにクラシックとか管弦楽って今の時代はmp3でデータだけ買えるものの、しっかりと解説書がついているCDの方が知識としても楽しめる幅が増えるのでお得です。

    
  

同様に、ブログ記事を書くときにはMacbookProとiCloudに入っている過去10年、10万枚以上の写真(作品用というよりは趣味で撮りためたものです)から目につくものを選び出すことをスタートにしているということです。ルーチンにしてしまえば、アイキャッチ画像を作って設定したタイミングで何を書こうかが自然と出てきます。この「いつものリズム感」が大事なんですよね。

写真選び自体が自分のコンディションを客観的に見る尺度になる

アイキャッチをきっかけにすることもう一つの良さとしては「自分がどんな写真を選んでどのようなレタッチをするかということ自体が自分のコンディションを知ることに役立つ」ということです。

アーカイブをざっと見て「これだな」と直感的に選んで、さらにトリミングと必要あればレタッチして作品としてのアイキャッチにするわけですが、出来上がったアイキャッチを見ることで客観視できるんですよね。

明るい暗いという単純なものというよりも全体のトーンとしてどのような傾向のものが「グッとくる」のかということで、記事一覧のアイキャッチを見るだけでもコンディションや感覚の流れが把握できるのが良い。

仕事でもプライベートでも「自分がどういう状態にあるのか」ということを客観視できることって大事なことなんですよ。多忙を極めてヤバい状態にあると何も見えなくなるので注意が必要です。気がついたら無理しすぎていて倒れてましたみたいなことってありますからね。仕事の鬱も同様です。

前項のルーチンの話とつながりますが、いつものルールを決めておくことで「いつもと違う」ことにも気付けるようになるということ。特に個人事業主やフリーランスって自分で自分を管理しなければなりませんよね。会社組織であればそのあたりのサポート体制も整っていることが多いのですけれど。自己管理大切です。

写真を通して趣味性のあるサブ的な作業をこなすということの大切さ

ブログの更新自体もそうなんですが、現業としての仕事とは別の側面を個人として持っておくことも大切です。仕事でさえ「3つの柱を持て」とか言いますよね。何か1つに寄りかかっているとそれが倒れたときに支えがなくなってしまうという。

かつては「仕事・職場での立ち位置=その人のパーソナリティの全て」というように判断されがちでした。今でもそういう風潮が残っている部分もあります。ただこれからの時代は「仕事・職場での立ち位置=その人のパーソナリティの一部」という認識が普通になっていくはずです。仕事自体もパラレルで複数の関わりを持つようになって、また私生活は私生活として完全に切り分けるということ。まぁ本来はそれが普通なのでしょうけれど、実際なかなかそのようにはなっていないもので。

そういう意味で、ブログにおけるコンテンツとしての「写真」というものを「アイキャッチ制作」という1本の柱に落とし込むことが全体の安定を生むと感じています。今年は写真だけではなくてイラスト的な要素も入れ込んでいくことを考えていますが、これも次の柱という位置付け。

雑記ブログだからこそ色々と試しやすい(やることに自分自身に説明がつく)側面がありますから、このような柱を幾つ立ててみて、どれを大黒柱にするのか。もしかしたら別棟を建てることもあり得るよね。みたいな模索のためにも大切な要素と捉えています。

まとめ

そんなこんなでこのブログについては自分で撮影した写真でアイキャッチを作ってちょっとした作品集的な位置付けで更新しています。必ずしも記事内容と一致しないように見えることもあるかと思いますが気楽に見ていただければと。

ブログ更新されている方で毎日更新したいけれどきついなぁという方は何かしらの簡単なルールを決めてしまえば良いですね。最初から100%のものを作るのは難しいですから、例えばアイキャッチであれば私のように自分で撮った写真(スマホでも)を軽くいじって据えてみるとか。あとからメンテナンスする際にしっかりしたものに差し替えることもできますし。

本来はコンテンツの質重視とはいえ、慣れるまでは記事を書くこと自体が負荷にならないようにする必要もありますから毎日更新を目標にすることもありだと思います。その点からすると記事に迷ったら適当に写真1枚撮ってアイキャッチにして、それに日記的に文章をつらつらと書いていく程度でも良いものです。その中で何か関連するものを紹介できそうであればリンク貼ってみるとかね。

例えば子ども向けや親子向けの日記の書き方本なんかも参考になりますよね!

となれば↓のような書籍を読んでみるのもおすすめです!とか。

実際のところ、大人向けだったりブロガー向けの指南書よりも子ども向けのやさしい本の方が参考になることも多々あります。私も企画立てる時に集める参考資料としては、専門書の他に子ども向けや初学者向けの入門書も購入して読むようにしています。わかりやすい表現の参考になりますから。

ということで写真のアイキャッチ制作は今後も続けていきます。皆さんも何かしらのルールを作ることで楽になることもありますからお試しあれ。ではでは。

こちらの記事もおすすめ
Translate »