雑談

Jellyfish syndrome

水族館、無性にクラゲに惹かれる。

透明感、そのせいだろうか。

小さな頃に作ったプラモデル。透明なパーツが視覚的な何かの「匂い」を発しているような。そんな感覚が今でもたまに湧き上がる。完全な透明よりも少し色が付いている方が良いらしい。

しかもクラゲは生きている。

そのシステムを全て外界にさらけだしながら、しかし全くもって不可思議だ。

意思や感情のようなものを勝手に想像することは可能だが、
その真を読み解くことは不可能だ。

わずかなコアに水分を纏い、流れに漂い、いつか生まれて、いつか消えていく。
雲との違いはなんだろう。生きてはいるが、システムだ。

そのデザインの源流に、いつか触れたい。

 

Translate »