子育て日記

【子育て日記】離乳食4日目。新たに離乳食用の「はじめて使うスプーン」を使ってみて好感触。【生後5ヶ月】

離乳食4日目。今日も10倍粥を小さじ2杯分ですが、昨日の様子を見る限りでは比較的上手に離乳食を食べることができているので、もう少し先になってから使う予定だったスプーンを試してみました。

離乳食用スプーン「エジソンのはじめて使うスプーン」を試用。

さて、昨日まで使っていたスプーンは「エジソン ベビースプーン」の3種類のうち先端が平らになっているスプーンです。

    
  

先が丸いタイプに比べて小皿からお粥をすくい取るのも我が子の口の中に入れてから引いて食べさせるのもかなり楽でした。

ただ予想外に上手に食べられるなということと自分でもスプーンを持とうとするので、ストッパー的なものがついていなくて長いだけに間違って喉を突くことがないように注意する必要があります。親がしっかりと短めに持ちながら食べさせれば問題ないのですけれど、座らせて食べさせていると顔を前に出して食いついてくることもあるので。

我が子もかなりお粥が気に入ったらしく「もっとくれ」と言わんばかりに食いついてくるので、ちゃんと自分で持って食べられるようになってから使おうと思っていた別のスプーンを今日は使ってみることにしました。

「エジソンのはじめて使うスプーン オレンジ&キウイ」です。

「エジソンのはじめて使うスプーン オレンジ&キウイ」について

    
  

これは2本セットで「オレンジデザイン=果汁や10倍粥などのさらさら離乳食用」、「キウイデザイン=ヨーグルトやペースト系のとろとろ離乳食用」になっています。

オレンジの方は通常のスプーン形状で、キウイの方は真ん中にドーナツのように穴が空いていることで離乳食が絡みやすくなっているとのこと。

あとは食べこぼしキャッチャーが付いているので、握っている手元にこぼれにくいことに加えてスプーンを置いた時にキャッチャーを軸にして傾くのでスプーン先が浮く形になって衛生的だと。

あとはスプーンで喉を突かないようストッパーとしての役割も果たしているように見えますが、商品説明にはその記載はありませんでした。機能として約束してしまうと問題があるのかもしれませんね。

いずれ今回はこのスプーンで10倍粥をあげてみたのですけれど、結果としては「かなり良かった」です。個人的な感想ですが良い点とイマイチな点をまとめてみます。

「エジソンのはじめて使うスプーン オレンジ&キウイ」の良い点

・途中途中で我が子も自分でスプーンを持たせてみましたが、短くて持ちやすい形状でしっかりと咥えてくれました。スプーンに慣れるまでは食事以外の時間に練習で遊ばせても良いかも。

・歯固めのおもちゃにも似た柔らかさで、スプーン自体を「咥える」「吸う」ということが自然とできたようで、すくったお粥を上手に食べてくれました。

・歯固めのおもちゃに似ているからか、食べながらスプーンを噛んで楽しそうにしている瞬間もありました。スプーンにお粥がなくなるとすぐにぐずる場合には、少しだけ噛ませて飲み込みを確認しながらペースを調整するのも良さそう。

・食べこぼしキャッチャーが唇に当たってストッパー的な役割を果たしてくれていました。もともと柄が短いので喉を突くような心配はほとんどないのですが、ちょうどおしゃぶりしているような感じで口元で止まるので安心です。

「エジソンのはじめて使うスプーン オレンジ&キウイ」のイマイチな点

・スプーン自体の厚みがあるので、小皿からお粥を多少すくいにくい感じですね。これは「エジソン ベビースプーン」の方が使いやすいです。

・スプーンの内側がオレンジのデザインで凸凹しているので、うまく吸えないとスプーンにお粥が残りがちかもしれません。これも「エジソン ベビースプーン」は平らなデザインですから食べやすい気がします。

・「食べこぼしキャッチャー」は1セットに1つしか付いていません。必要に応じてオレンジからキウイの方に付け替えて使うわけですけれど、今後離乳食の種類が増えてきたら組み合わせによって両方一緒に使いたいタイミングもあるかも? そうすると1つを付け替えるのは面倒かなと。

使用感まとめ

使用感のまとめとしては、少なくとも我が子の様子を見ている限りでは「エジソン ベビースプーン」よりも「はじめて使うスプーン」の方が楽しそうに食べているように感じられます。色がカラフルで可愛いのも◎。

スプーンの厚みが口の大きさと合えばという条件がつくかもしれませんが(もしかしたら月齢若いと食べにくい子もいるかも)、食べる時に舌の上に落とすだけではなくてちゃんと吸うことも覚えてくれそうでかなり良い感じです。

ちなみに「エジソン ベビースプーン」の方は「スプーン自体で食材を潰す」ことなども想定されており離乳食の下ごしらえにもそのまま使えるので便利。一方の「はじめて使うスプーン」は基本的に食べる専用です。

今日使ってみた感触が良かったので「はじめて使うスプーン」も継続して使っていくことにします。キウイデザインの方は離乳食のバリエーションが増えてからですね。

まとめ

離乳食時に自分でスプーンを持ちたがる赤ちゃんも結構多いようで、我が子も例に漏れずすぐにスプーンを掴もうとしてきます。危なくないようにサポート&見守りしつつ、自分でも握れるスプーンで食べさせてあげるのは良いことなのかなと。

ちなみに今日のところはスプーンを持っている親の手を我が子が掴む形になっていたのですが、スプーン先を口に入れて咥えてから自分で手を押すようにしてスプーンを引き抜いてお粥をこそげとるような動きをしたのが驚きでした。

あとスプーンからお粥がなくなったら、親がまた次の1さじをすくうまで目で追いながら待ってくれているのも驚き。

ちゃんと自分の意思で手を動かしたり目で見たりしながら、次に何が起きるのかとか何が期待できるのかなどがわかるようになってきているということですよね。

当たり前の動きでもほんの数ヶ月前には全く何もできなかったことが日々できるようになってきていることが嬉しい限りです。

明日から3日間は10倍粥を小さじ3倍に増量しますので、少しずつ食べ方も上手になっていくのかなと考えると楽しみです。ではまた。

こちらの記事もおすすめ
Translate »