子育て日記

【子育て日記】人見知りのその後と、我が子と甥っ子がちゃんとお互いを認識し始めた話。

今日は天気も良かったので昼までに仕事作業を終わらせて親子3人で私の実家へお出かけ。

「人見知り」の程度確認と慣れの対策で私の実家へ。

一昨日から始まった「人見知り」。

【子育て日記】生後4ヶ月を前にして、ついに「人見知り」が始まりました。【生後3ヶ月と24日目】今日から6月ということで令和になってもう2ヶ月目ですね。意外と新年号はすんなり受け入れられた感があるのかなと。 2月生まれの我が子...
【子育て日記】人見知り開始の続報。嫁実家の祖母&叔父には人見知りせず。ついでに寝返り開始後の続報も。写真は数日前のものですが庭の薔薇が咲きました。庭で外気浴も良いのですけれど嫁実家が近いので、普段は自宅の庭よりも実家まで散歩してくること...

昨日までの確認結果としては、私側の曽祖父と祖母には人見知り反応をして、嫁実家の祖母・叔父には人見知り反応無しという結果でした。

そこで今日は私の実家で祖父、(改めて)祖母、同居している弟夫婦(弟は仕事で不在)と甥っ子に会わせてみることに。

嫁実家の反応を見ていると普段会う頻度が少ない場合には人見知り反応が強くなるのかなぁと想定されるので、私の実家にも顔を出して少しでも慣れさせようという意図もあります。

これまでは夫婦双方の実家でいつもニコニコだったので、ここから改めて慣れさせるというのも少し変な気もしますがこれも成長の過程ということで仕方ないですね。

ということで遊びに行ってきたのですが、まず結果としては「ほぼ大丈夫だったけれど、軽い人見知り反応はあり」という感じでした。

家に入って周りの人を見たときに「これまでの様子とは微妙に違うかな?」とも感じたので、まずは夫婦で抱っこし続けながら様子を見ることに。

親が普通に接して話していることで改めて「大丈夫」という感覚になってくれればなという思いもあり。この方法が良いかどうかはわかりませんでしたが。

会った人の中ではなぜか祖母(私の母)に対する人見知り反応が強めの様子。じっと見て軽く泣き顔になる(口をへの字にする)ような感じですね。

一昨日初めて人見知りをした日に会ったのが曽祖父と祖母だったので、もしかしたら変な条件付けがされてしまったのかもしれないなとも。

それでしばらく普通に過ごしてから、敢えて祖母と弟嫁に抱っこしてもらったりもしてみまして。

いずれも最初は軽く泣き顔になるのですがずっとそのままというわけでもなく、少しするとちゃんとおとなしく抱っこされている様子。

これまでは普通に抱っこされていたのでリアクションの変化があるのは確かなのですけれど、やっぱり慣れればある程度平気になるのかもしれません。

そうこうしているうちに偶然、曽祖父母と大叔父が実家に来まして。

これは良いチャンスだと我が子を抱っこして反応を見たところ、一昨日のようなかなり大きな人見知り反応まではいかず。

でも軽く泣き顔になったり、抱っこしている状態で顔を埋めて横目で見ている様子。

「人見知り」自体が始まっていることは確かですけれど、驚かせない会わせ方でいくらかは緩和されるのかなという印象です。

可愛がっている曾孫だとか孫に人見知りされるのってかなりショックだと思うので(苦笑)、我が子にも無理のない中で慣れてもらえると良いなぁというのが親の心情。

今日の流れで極端な人見知り反応を避ける方法もありそうだなとわかりましたので、我が子のストレスにならない範囲で今後も慣れさせていこうかなと思います。

我が子と甥っ子の相互リアクションの変化。

実家にいる甥っ子についても記録。

我が子と月齢で1ヶ月半ほど差があるので、成長・発達も「たった1ヶ月半の違いとは言えこんな時期あったなぁ」と少し懐かしい感じで見えるものです。

このくらいの月齢だとまだまだ日々の成長が著しいわけで、少し会っていないだけで体も大きくなっていたし顔つきも変わってきていました。

社会的微笑も始まっていて、首もいくらかすわり始めていて、話しかけるとたまに声を出して返事をしてくれる感じ。

こうなってくるとまた可愛くなってくるんですよね。リアクションが得られるわけですから。

それで我が子と甥っ子をお互いの親が抱っこして顔を近づけてみたところ(これは毎回やって反応を見ている)、今日は甥っ子がかなりしっかりと我が子を見て「認識」した様子でした。

我が子もじーっと見て観察している様子でしたので、やっとお互いに相手を認識できる段階になってきたのかなと思います。

男女の違いもあるとはいえ、貴重な同い年のいとこ同士ですから仲良く一緒に育ってほしいものです。

こういう親戚間の子供仲って親夫婦同士の仲にも影響されるものですよね。

うちの場合は関係良好なので特に心配はないのですけれど、甥っ子も含めた人見知りの時期と期間がどうなるかはどうしても気になるところ。顔を見ただけで泣き叫ぶようなことがないように願うばかりです(まぁ仮にそうなっても成長と捉えますけれど)。

まとめ

ということで人見知り開始の続報でした。

夫婦双方の実家&曽祖父家族のリアクションは確かめられましたので、あとは成長を見守りながら対策については色々試してみることにします。

少々難しいのは「人見知りも成長の証」というのを十分に理解している一方で、「せっかく可愛がってくれている身内に対して拒否反応するのはいたたまれない」という気持ち的なもやもやがどうしても残ってしまうことです。

親としては「できるだけみんなに可愛がってもらいたい」という感覚が正直あるものですよね。実際に大切にしてもらっているからこそ、人見知り反応で返してしまうのが申し訳ないような気持ちになってしまうというか。

とりあえずは夫婦で話し合いながら向き合っていければなというところです。ではまた。

こちらの記事もおすすめ
Translate »