働き方

30歳で独立・起業して個人事業主・フリーランスとして生きていくということ

これまでの働き方、今の働き方。

社会人になってから既に十数年経っていますが、就職・転職を経験した後に30歳で独立起業して2019年で6年目に入りました。

社会人になって最初に勤めた企業は在職時に創業100年を超えた地元企業で、昔ながらの毎朝朝礼があるようなきっちりとした会社。

その次に勤めた企業は全国的な企業の地方会社数社が統合して1年目の新しい会社でフレックスタイム制。

その後に独立してから現在までは個人事業主ではあるもののかなりフリーランスよりな働き方をしています。

結果としてかっちりとした企業から今風の企業からフリーな働き方まで一通り経験できたことで、「働き方」や「経営」そのものについて考える機会に恵まれてきたなと感じています。

「働く」ということについてどの視点から捉えて生きていくのかということ。

振り返ってみるとそれぞれ一長一短はありますが、家庭を持っているかどうか、仕事と自分の人生に何を求めるか等によって評価は変わってくるでしょう。

「働き方改革」的な話については、雇われる立場と雇う立場では視点が少し異なるという感覚です。最近は本来の「働くということ」の意味合いから、少々「権利と金」の話に寄りすぎている風潮があるのかなとは感じています。

社会課題としての「ブラック企業」的なものに対する解決をどう目指していくことかについては労働者を守るという意味で非常に重要な事柄です。

だたしあまりにその視点ばかりになると「働くこと」そのものが「つまらないな」と感じる場面が多くなってきているようにも感じるのです。仕事の話が結局お金の話ばかりになると面白くないですよね。

理想的には「何のためにどう働くのか」という視点があって、その結果としての「利益がついてくる」という考えなのかなと。社員を雇う経営者となった場合には表現の仕方が変わってくるかもしれませんが。

家庭と仕事のバランスについて

ちなみに私は家庭を持ちながらフリーランスという働き方で生活をしています(共働きではありますが)。

フリーランスと一言で言っても職種や業界によっても結構変わってきますよね。私の場合は企画業が主体で、案件によってはデザイナー等としても動くような形です。独立前から積み上げてきたスキルセットが結構広いので、ワンストップでも手広く受けられるのが強みでもあります。

また2019年2月中には第1子が産まれる予定で、そのために私自身は最大1年程度は自分が育休を取っても食いつないでいける準備をしてきました。フリーランスって育休を取っても収入補償がされることがありませんから基本的には「ただただ収入がなくなるだけ」なんですよね。

【38週0日】予定日まで2週間。フリーランスの夫の育休と夫婦の過ごし方。
【38週0日】予定日まで2週間。フリーランスの夫の育休と夫婦の過ごし方。今日から妊娠38週目に入りました。予定日まで14日、ちょうど2週間です。 予定日通りに産まれるかはわかりませんので、もういつ産まれ...

あとはローンが通りにくくなるとか。こういう細かいことって意外と事前にしっかりと知る機会ってまだまだ少ないです。

フリーランスとして働きたいという方は今後増えてくるのではないかなと感じていますが、現実的に制度が整っていなかったり何かしら不利になる場面があったりとデメリットも発信していく必要があるなと感じているところで。

私自身も30歳で独立はしましたけれど、当時でも地方で働いているからなのか身近には同じようなモデルケースがありませんでした。

そういう意味ではこのブログで私自身が日常的なことを発信するだけでも、同じような環境で働き方・生き方を目指す方には何か参考になることがあるかもしれないなと。

まとめ

「働くこと」って歳を重ねるごとに「生き方」とのバランスを考えるようになりますよね。

私は2019年で36歳になりますが、同じくらいの歳で会社員であれば既に課長くらいの役職になっていてもおかしくない年齢です。部長職だと40〜45歳くらいのイメージでしょうか。企業勤めだと出世する度に役割や生き方のステージが変わっていきます。

一方で起業してフリーランスになるということは、独立を決めた段階で出世レースからは足を洗って「代表」という肩書になり、もしかしたら今後法人化すれば「社長」的な立場になるかもしれないということです。つまり自分自身で肩書を作っていくということ。

この働き方が肌に合えば楽しいです。もちろんうまくいくことばかりではなかったり、そもそも稼げるのかという問題もありますから簡単な話ではありませんけれど。

いずれ「自分自身で決めていく」という生き方がどのような方向に向かっていくのか、このブログにも記録していければと考えています。

少なくとも独立後5年間は黒字でうまく生きてきましたので、同じように起業・フリーランスを目指す方がいれば「5年生きる起業と戦略」について少しでも伝えられれば本望です。頑張りましょうね。

ふるさとで家族親戚の近くで生きるという「自由」な働き方もあるものだよ。フリーランスにとっての「自由」の意味ってどんなことだろうかと考える。 個人事業主・フリーランスは果たして何が自由なのか。 自由な働き...
仕事と趣味の間に、副業の本業化について考える。先日までの10日程の出張から帰ってきて、週末にゆっくり家のこともやりながら荷物整理などしているのですが、振り返ってみると結局あまり写真の...
田舎移住がなぜ単純な転職よりも起業や就農が注目されるのか地方移住して就農したとある料理人の話 仕事でお世話になっている農家の方と話をしていたら、その方、実は昔関東で料理人をやっていたことを知...
こちらの記事もおすすめ
Translate »