NEX-C3

NEX-C3で空気をデジタルに焼き付ける-Pinhole Pro-

オールドレンズで遊ぶためにSonyのNEX-C3をたまに使います。それにピンホールレンズを組み合わせるとコンパクトで楽しいよ。という話。

NEX-C3の軽さは正義

2011年発売の古いカメラで機能も最小限ですが、センサーがAPS-Cである上に約225gと軽く、さらにピーキングMF機能付きなのでマニュアルフォーカスで手軽に撮るにはちょうど良かったりするんです。小さいってそれだけで正義だと思う。今だと安く買えるので、ミラーレス気になるけれどレンズ交換とか億劫にならないかなと心配な方は取り敢えず入門用に手に入れて、安いオールドレンズで色々と試してみるのもおすすめです。

センサーサイズについては最近だとフルサイズミラーレスも魅力的だけれど、普段持ち歩くサイズ感としてはAPS-Cで十分。RicohのGRもAPS-Cですが、バックアップの際にデータサイズも大きくなすぎないし気軽に楽しむにはベストだと思います。

ということでNEX-C3は超軽いってだけで気に入っているのですが、後継機のNEX-6、NEX-7あたりもいまだに楽しめる機種ですよね。少し大きくなるけれど。さらに後継シリーズとなるα6000はコスパ最高。α6500はそろそろ後継機でそうな雰囲気あるので待ちかなと思ったり。いずれミラーレスの新しいのは買う予定でα7シリーズも含めて物色中。ちなみにメーカーは趣味の範囲ではあまりこだわっていません。

バッテリー使い回せるのは便利

SonyのNEX〜αシリーズの素晴らしいところは「バッテリーが共通」であることです。資産として継いでいけるのがとても良い。2018年後半に出るだろう新機種からはおそらく大容量バッテリーに更新されると思いますけれど、NEX-C3から現行機種のα6500までは7年間同じ規格ってすごいですよね。同様にRicohのGRとSIGMAのDP2Merrillもバッテリーが共有できます。

カメラバッグに何種類か詰め込んで出かけるときはバッテリーの種類がまとめられるのは安心感もあって助かります。Sonyはα7シリーズが既に大容量バッテリーにシフトしているので、α6500の後継機が更新されればサブ機としてセットで運用できますよね。

デジタル×ピンホールの世界へようこそ

さて、タイトルのPinhole Proについて。その名の通りピンホールのレンズです。レンズと言っても穴が空いているだけなので、空気のレンズといいますか。これ日本語サイトだとあまりレビュー的なのがあがっていないんですよね。レンズ自体が薄くて軽いので(ガラスレンズ付いてないので)、NEX-C3と組み合わせるとGRレベルのコンパクトさで運用できます。

写真自体はふわっとした柔らかいもので、ピンホールカメラのイメージそのままです。トイデジ系のゆるい雰囲気にも似ている。ただこのままだと何となく眠い写真にしかならないので、作品的に仕上げていくには研究必要だなというところ。あとセンサーゴミがあるとはっきりと写りこむので注意。

さらに普通のピンホールカメラと決定的に違うのは、レンズ交換式のデジタルカメラ用なので静止画に加えて「ピンホールの音声付き動画が撮れる」こと。今のところ動画は研究中なので(正直なところコツが掴みきれていない)、Youtubeか何かに作例ストックしていく予定です。

ニッチ過ぎますかね。興味ある人はお楽しみに。

Translate »