レビュー

【レビュー】Osmo Pocket用「アクセサリー 三脚/アルカスイス 3-wayマウントアダプター」を追加購入。GoProマウント対応で上位互換だけれど2-wayとは使い分けかな。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

2018年末にAmazonで見つけて購入した「naimonoLabo Osmo Pocket用 アクセサリー 三脚/アルカスイス 2-wayマウントアダプター MP-OSMOP」。

「naimonoLabo Osmo Pocket用 アクセサリー 三脚/アルカスイス 2-wayマウントアダプター MP-OSMOP」の簡易おさらい

「naimonoLabo Osmo Pocket用 アクセサリー 三脚/アルカスイス 2-wayマウントアダプター MP-OSMOP」は三脚穴&アルカスイス互換の2-wayで、3Dプリンタで製作されたアイテムでした。

ものとしてもコンパクトで軽いのでもうこれだけで良いじゃん!というのが個人的感想。

    
  

レビュー記事は以下をご参照いただければと。

Osmo Pocket用「アクセサリー 三脚/アルカスイス 2-wayマウントアダプター」を買ったら3Dプリンタ製造で、個人工房の可能性を感じた。持ち歩くだけで満足感がある「DJI Osmo Pocket」。発売から数週間してやっとサードパーティーの周辺機器が増え始めてきたので、安...

一応購入後の補足をしておくと基本的にはこの2-wayアダプタだけ使っていまして、今回紹介する3-way(+試作品)以外にはOsmo Pocket用のアダプタは購入していません。Osmo Pocketのコンパクトさってかなりの価値と考えていて、あれこれ周辺機器増やしたくないなと(今のところは)考えているということもあります。

しばらく使ってみて、三脚穴があるだけでミニ三脚との組み合わせでかなり使い方のバリエーションが広がりますね。

ただしOsmo Pocketに装着しっぱなしだと付属ケースには入らないです。

Osmo Pocket

公式のレンズフードを買って組み合わせれば解決ですがどうしても保護されない部分が出てくるので、現状は三脚側に2-wayアダプタを装着しっぱなしにしておいて、使うときにOsmo Pocketを差し込むような運用にしています。

「naimonoLabo Osmo Pocket用 アクセサリー 三脚/アルカスイス 3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2」が発売! 今度はGoProマウントにも対応!

その後、Amazonで2-wayは在庫切れの状態が続いていたのですが年始に在庫復活していることを確認。量産体制に入ったのかもしれませんね。

更に新商品として3-wayアダプタまで登場していました! というのが今回のレビューです。

商品名はnaimonoLab Osmo Pocket用 アクセサリー 三脚/Gopro/アルカスイス 3-wayマウントアダプター MT-OSMOP2」。ちょっと長いですが検索対策かな。型番の最後に「2」と追加されてます。機能として増えたのはGoProマウントにも対応したよということ。

商品は↓のリンク参照。私はAmazonで購入しました。

    
  

「naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2」開封&レビュー

ということで商品が届いたのでご紹介。

Osmo Pocket 3-wayマウントアダプター外観

素材とか軽さは2-wayの時の印象と同じで良い感じです。やはり3Dプリンタ製なので「層」が見えますね。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

そして底部から撮影すると↓のような感じ。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

2-wayと3-wayの比較。GoProマウントが付いただけではなくマイク穴の改善点も。

ポイントとしては次の2点です。

三脚穴についてはGoProマウント部の方に付いている。

USBジャック用の穴の隣に「マイク用の穴」があいている。

2-wayにはマイク穴がないんですよ。あまり意識していませんでしたが。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

比較すると違いがわかりますね。

これ改めて2-wayと3-wayを見比べてみると、三脚穴の位置の違いによってアダプター自体の高さにも違いが出ている事がわかります。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

これもあまり意識していなかったのですが、2-wayは底部に三脚穴のネジが埋め込まれているので、その分厚みがあります。底上げみたいになっているんですよ。上の写真だとOsmo Pocket自体が差し込まれている高さは2-wayも3-wayも同じです。

3-wayではネジ自体がGoProマウント側にズレたのでその分底部の厚みが減って、更にマイク穴を開けることで音声も拾いやすくしたという改良ですね。

つまり2-wayでは底部マイクが塞がれているような感じになっていたということですが、Osmo Pocketにはマイクが2つ搭載されています(底部と操作ボタン部)から、使い方によっては2-wayでもそれほど気にしなくても良い場合もあると思います。

というのもこの後に解説しますが、3-wayの「三脚穴をズラした設計」には好き嫌いが分かれるかもしれないなと感じていて。2-wayの三脚穴の位置にGoProマウント付ける程度でも良いのではと。これはGoProマウントの使い方によっても印象変わるとは思います。

3-wayアダプターのポイントを説明するために、3Dプリンタ製の試作品について解説

ここで参考程度にもうひとつのアダプターを取り上げます。Osmo Pocket用のマウントアダプタを考える際に重要な点がありますので。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

上の写真の一番右のアダプターを御覧ください。これは個人で製作されたものを手に入れたものでして、今回の商品と比べると手作り感というか試作感もありますよね。タイミングとしては2-wayを購入した後に入手したものです。ここでは「試作品」と呼ぶことにします。

この試作品はGoProマウント用の1-wayアダプターです。

TELESINのGoPro用クリップマウントに装着してみるとこんな感じ。そのまま置いて使うには良い感じだったのですが。。

Osmo Pocket

TELESINのクリップマウントは360°回転するのでリュックのショルダーにも付けられますし、クリップ部が大きいのでそのまま置いても安定する(置くだけなら三脚っぽく使える)ので購入(あとめちゃ安い)。クリップの回転機構がかなりカタイので回すの大変ですけれど、逆に言えばしっかりと固定されるということで安心感はあります。

    
  

 

Osmo Pocketを装着してみます。。クリップをリュックのショルダーに挟むことをイメージしてください。

Osmo pocket

お気付きでしょうか。

お気付きですよね。

どう装着してもOsmo Pocketが前を向かない。

セルフィーモードにすれば進行方向は向くのですが画面を前に見せながら歩くことになります。ちなみにマウントを逆につけるとペンライトモードで撮らなければなりません。攻撃的ですよね。

ということでこの試作品は今のところ使っておりませんで、3-wayを購入した動機にもなっています。使い方によっては試作品でも良い場面はあると思いますので手元には置いておきますが。

改めてOsmo Pocket 3-wayアダプターのレビュー

ということで試作品の件を踏まえて、3-wayを見てみましょう。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

Osmo Pocketはスティック部の形状が真四角ではなくて、全面がゆるくカーブを描いていますので、差し込むタイプのアダプターは前後が固定されます。上の写真では手前側がOsmo Pocketの全面になるように置いています。接続部が3-wayと試作品では逆についていることがわかりますね。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

はい解決! 前向いた!

これです。こういうことですよね。小さいサイズで並べるとこんな感じ。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2  naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2

しっかりとOsmo Pocketが前を向いてくれていますから、ショルダーに装着する場合などについてはこれで大丈夫です。作りにも問題ありません。

三脚穴&アルカスイス互換&GoProマウントの3-wayアダプターとしてはもうこれでOKです。

ただし個人的に1点だけ気になることがありまして。3-wayを横から見てみましょう。

naimonoLabo Osmo Pocket用3-wayマウントアダプター MP-OSMOP2ちょっと前に出すぎかも。

 

これ、どうでしょう。「個人的には」なのですが、ちょっと前に出すぎだなぁと感じるんですよ。つまり冒頭に説明した2-wayと3-wayの違いである「三脚穴の位置」のせいで、マウント接続部までが長くなってしまっているんですよね。

好意的に見れば、少し長めであることによってOsmo Pocketに上下の角度をつけたい際には自由度が増すということでしょうか。あとはやはり底部マイクの集音性についてですよね。

でも可能であれば、2-wayの設計のままでGoProマウントがちょっとだけ出っ張っている(試作品のように)バージョンを作ってくれないかなぁという感想。

まとめ

ということでnaimonoLab Osmo Pocket用 アクセサリー 三脚/Gopro/アルカスイス 3-wayマウントアダプター MT-OSMOP2のレビューでした。使い込んでいけばまたわかることもあると思いますので、組み合わせなども含めてまた記事で紹介しますね。

2-wayも3-wayもコンパクトで超軽量なのでどちらでも良いと思いますけれど、底部のマイク穴さえ気にしなければ(操作ボタン部のマイクだけでまかなえれば)2-wayの方がモノとしても小さいのでミニマルな装備が好きな方にはお薦めです。

一方で、やはり底部のマイク穴を塞ぎたくないという方やGoProマウントの方が使いやすいという方であれば3-wayは上位互換なのでこちらを選ぶのがお薦め。

ちなみに私の場合は3-wayはクリップマウントにつけっぱなしで、2-wayは簡易三脚につけっぱなしで、その状態で両方をカメラバッグに入れっぱなしという感じ。どちらか片方だけという場合には上位互換の3-way。

特にGoProマウントってマウントとアダプタの着脱が少しだけ億劫なので、一番使っているマウントにつけっぱなしの方がストレス少ないので。そういう意味では3-wayの意味なくなるじゃないかという見方もできますけれど。。

いずれ2-wayも3-wayもなかなか良い買い物でした。Osmo Pocketもファームウェアアップデートも来ていて機能改善されてきていますので愛用していきたいと思います。ではでは。

    
  

    
  

こちらの記事もおすすめ
Translate »